確定申告・経費

ペイパルのクレジットカード認証費用200円の仕訳は?

更新日:

ペイパルは、「無料」で使えて、支払い時に入力するのは「メールアドレス」と「パスワード」だけという、オンライン上の決済システムです。ショップにカード情報を伝えない点が安心です。

認証費用が請求された事情

ある時、海外サイトで材料を買うことしました。クレジットカード支払いが不安だったので、支払いはペイパルを選択しましたが、認証できません。

「カードの有効期限」が切れていたからです。‼️

ペイパルサイトでは新しい有効期限にしたカードが有効か確かめるため、一度200円を請求します。200円が引き落としできるかどうかで真偽判定をしているようです。

さて、クレジットカード会社が200円の支払いを認証したら、私にはメールで「確認コード」という番号が届きました。

この番号を入力すると、オンラインショップでペイパル決済が可能になって、無事に買い物を済ませることができました。

一度払ったこの200円は後日返金されるということでした。

普通ならお金返してもらえるならいいや、で済みます。ところが私は確定申告のために複式帳簿をつけています。この「認証」のための費用の仕訳が、全く分かりませんでした。

認証費用の請求明細

クレジットカード会社の請求明細にはこんな風に載ってきます。この仕訳をどうしよう!?

<1月>

「PAYPAL *ショップ名(利用した金額)」
(PAYPAL番号)
「PP*(確認コード)200円」
(PAYPAL番号)

<2月>

「PP*(確認コード)ー200円」
(PAYPAL番号)

 

200円ぽっちなのに!!しかもプラマイゼロなのに……
記事ではあっという間ですが、実際は問題を抱えたまま、時間が経過しました───

認証費用の仕訳例

税務署に聞いてみました。

この請求について説明をしながら、いろいろ一緒に考えてもらった結果はこれです。

1月x日 仮払金/普通預金

2月x日 普通預金/仮払金

クレジットカードが絡んでいる件は、考えなくてもいいんですね……

実際に使った仕訳は!?

カードの有効期限の更新は、数年に1度だし、仮払金で払って仮払金で戻ってきたということで消えるものです。そこで、「仕訳はなしにしてはどうか?」ということになりました。

オッケー、記録はしなくてもいい!

こうしてペイパルの認証費用の問題が片付きました。数ヶ月困っていたのですが、心の荷が一つ降ろせました‼️ 「こうだったらいいのになぁ」と思っていた「無視」という仕訳になり、嬉しかった事件です。

必ずご自身で確認してくださいね。

-確定申告・経費
-

Copyright© 記録しとく.NET , 2020 All Rights Reserved.